Data management and adoption of the FAIR principle; perspective from a research institution

mikiko tanifuji
オープンサイエンスに関する各種ポリシーやガイドラインが整備されつつある中で、研究ワークフローの形成と共に進む研究データの利活用に関するFAIR原則(Findable, Accessible, Interoperable and Reusable)への取り組みを、材料データプラットフォーム構築を例に紹介する。
This data repository is not currently reporting usage information. For information on how your repository can submit usage information, please see our documentation.